シーリングライト交換

シーリングライト蛍光管の環球がそろそろ寿命で交換です。

巷ではLED祭りですが自分としては半導体の光が嫌いという事もあり、昔ながらの蛍光灯器具に交換です。LEDは確かにON/OFFの耐久性は素晴らしく良いのですが単価がまだまだ高く故障した場合はメーカー送りの修理となってしまい2週間ほど使えない公算になります。(各メーカーは今では電源部と発光体を5年保証付けている場合が多いです)

モノタロウ HNK4205V-MEN14  

 100-242V 50/60HZ

今回選んだのは直管 40Wの2灯タイプ。確か@4000円(税込)ぐらいだったかな?モノタロウオリジナルですがちゃんとした日立製品でびっくり!しかもFL/FLR40W・FHF32Wどれでも使えるマルチ器具です。和室にこのタイプの直管器具は一般的で無いですが明るさと頭上の圧迫感の解放から言うとこれもアリな選択かなと思います😊ちなみに自分が機械を選ぶ基準で大事にしている点はシンプルさですねー便利な世の中ですが構造が複雑になり過ぎて問題が発生した場合はメーカーに頼る場面が多いですよねw

直付けなので2箇所にフックを取付け電源コードを直差しします。直結になりますので取り付けは有資格者に頼みましょうねw

あとは反射板を取り付けて別途買った直管@345円を取付け完了です!キャノピスイッチ(紐式のON/OFFスイッチ)も買ったのですが取り付けはまたの機会にw

使用感としては、とにかく明るい!安い!です😁直管を高価なFHFにしても良かったのですが5倍ぐらいの価格ですからね〜

パナソニック FL40SSD37    2本

パナソニック WS52011(小型キャノピスイッチ)

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ