掃除機

ついに買っちゃいました!

Dyson Ball Fluffy

いわゆるサイクロン式掃除機ですが、これが最高なんです。以前のダイソンと言えば、ゴミは取ってくれるのですが筐体が大きくて重くてうるさい。といった具合にあまり評判が良くなかったんです。その後何世代か重ねるうちに劇的な進化を遂げるようになりました。まず筐体をコンパクトに出来た要因として、大きいブラシレスモーターからデジタルモーターを採用した事にあります。この事によって軽さとパワー、小型化によって余った空間を消音に使って一挙3得。ダイソンは元々空気とゴミを分離するといった方式を提唱した最初の企業でサイクロン構造を小型化・多数化するとさらに吸引力が上昇するという事を発見しています。もちろんこれは特許として守られているので他の企業は真似できません。他社の掃除機を使った時、明らかに吸引力が落ちる瞬間(モーター音が弱くなる)があると思いますが、ほぼほぼダイソンにはそれがありません。注)あきらかな吸引異常があれば安全装置が作動して強制停止してくれます。こういった機能により強力な吸引力が保たれるのですね。本体とブラシヘッドの素材も普通のプラスチックじゃないんですよねー(クリアな部分も)車のバンパーに使われているあのABS樹脂なんです。

あと…

Fluffyと名前があるようにブラシも大幅に新しくなりました。大きくやわらかいブラシになって先端もオープンになりました。と言う事は大きなゴミから小さいゴミまで壁際にある米粒?(実際自分で撒いてみてやってみました笑)まで綺麗に掻き取ってくれます。このブラシの中にデジタルモーターが内蔵されている訳ですがもちろん簡単に分解水洗いも可能です。

で…

保証もメーカー保障が2年間付いていたり、その期間に問題があった場合は宅配便によっての回収から発送まで72時間で帰ってくるサービス。日本のメーカーでここまでのサービスって無いんですよね。それだけ自信があるって事です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイソン サイクロン掃除機「dyson ball fluffy+」 CY24MHCOM【送料無料】
価格:66200円(税込、送料無料) (2016/10/12時点)

 

ね…

確かに高いんですがそれ以上の満足感は十分にあります。掃除機を使っていてのイライラは..

😤ゴミを取ってくれない

😤吸引力がすぐ低下する

😤手入れが面倒

ですよね。これを解消してくれる掃除機は中々ありません。

次には日本のメーカーも頑張っている!との事でおすすめメーカーも紹介して行きます。

その前にまず、掃除機のカテゴリーとして…

▶︎サイクロン式掃除機

良い点

😆その都度ゴミを捨てられる

😆吸引力が低下しにくい

😆匂い残りが少ない

悪い点

😵フィルターの手入れが必要

▶︎紙パック式掃除機

良い点

😆手入れがほぼ要らない

悪い点

😵吸引力が低下する(紙パックを通しての空気の排気になるので交換するまで徐々に吸引力が低下する)

😵匂いが発生する(ペットの毛等)

😵紙パックを購入しないといけない

この様な良い点悪い点が挙げられるのですが基本、紙パックに関しては仕事率の大きさを基準に、あとはパワーブラシの有る無しで購入して頂ければ問題ないかと思います。

問題はサイクロン式掃除機でこちらは仕事率の大きさを信じて購入してはいけません。なぜかというと…サイクロン式は元々空気とゴミを分離するという概念を元に作られているので遠心分離を行う際、空気の流れを曲げてしまうのでどうしても吸引仕事率が低くなってしまうのです。モーターの出力をただ単に上げてもフィルターが目詰まりしてしまうと排気が上手くいかず吸引力が低下してしまう。ブラシヘッドの接地面積・間隔とサイクロン構造までの吸引力と排気フィルターの性能と排気力…なかなか難しんですよね🙄

でも、仕事率と価格帯でよくよく見ていただくと高価な機種ほど仕事率が低く表記されている事にお気付きの感の鋭い方もいらっしゃるかと思われます。そうです!紙パック式と違ってサイクロン式は単純に仕事率が低い方が吸引力が落ちにくいと思って頂いて大丈夫です。ちなみにダイソンは正式に公表はしていませんが180w程度らしいです。

これをふまえて各メーカーをみてゆきます。

日立

先程説明した通り仕事率は平均的に高め(フィルターの目詰まりがしやすい)ではありますが以前と違ってフラッグモデルはちゃんとしたサイクロン構造に近い物になりました。しかし、日立の魅力はそこでは無しにブラシからハンドルの部分にあります。ユーザーの使い勝手をかなりのレベルで実現されています。

カーボン素材を使ってかなりの軽量化がされている。

足でヘッドを踏んで人差し指でトリガーを引くとハンドルの長さが変えられる。

最新のモデルは吸着力と吸引力のバランスが良くなった。

カーペットを掃除する時にブラシが自走してくれる(べたっと張り付かず押す力が要らない)

ゴミが溜まる部分のカートリッジが簡単に分解出来掃除が簡単になった。

などですね。昨年のモデルより明らかに使用感は良いですよ!

東芝

最近何かと騒がしいメーカーですが流石、日本のメーカーの中ではトータルバランスが優れています。一番ダイソンに近い作りのメーカーではないでしょうか?吸引力・持続力共に良いですよ。

三菱

このメーカーもネット口コミでは評価が高いです。一番の特徴はヘッドのブラシ部分が真横からスライドさせて取り外せるところ(機種によります)で、ブラシに絡み付いた毛や長い繊維をハサミ等でいちいち切らないで良いという点は便利で評価が高いですね。

パナソニック

迷ったらパナソニックと言われるくらい信頼性の高いメーカーですが😄他のカテゴリーでも紹介した通りセンサー系に強いメーカーです。もちろんクリーナーにもゴミ感知センサーが付いてまして(機種によります)余計な電力を使わない・どれだけ綺麗になったか目視で判断できるといった便利機能が特徴です。吸引力に関しては..並ですかね。

シャープ

台湾のホンハイに吸収されて今後の挙動が注目されていますが、他社と違った視点で開発ができる面白いメーカーです。以前プラズマクラスターの誇大広告でやりすぎちゃった問題にもなりましたが今では世界的な除菌・消臭の標準技術となりまいたし先進技術が楽しいメーカーです。が、現在の吸引力・持続力は..並です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ