エアコン

みなさんエアコンを選ぶ際何を基準に選んでいるでしょうか?

ここでは失敗しないエアコンの選び方について書いていこうと思います。

まず…

エアコンを暖房機として使うかどうか?です。

使います→   使いません→

取り付ける地域は冬場外気温が2度以下になりますか?

はい→A     いいえ→B

基本的には畳数のあったエアコンを使えば問題なく使えます。(メーカーの特徴等の詳しくは後ほど解説します。)

A 特にマイナスになる地域はメーカー指定の冬場に強いエアコンもしくは寒冷地エアコンを選択することになります。寒冷地仕様のエアコンは室外機の性能が違うんです。霜になる状態の水分を溶かして外に排出したり(凍結防止帯による)、メーカーによってはコンプレッサーを暖める機能が付いていたりと、通常のエアコンだと霜取り運転を頻繁に行わないとダメなところを未然に防いでくれる。みなさん勘違いされている方が多いのですがエアコンの心臓部は室外機にあるんですよwちなみに寒冷地仕様のエアコンは6畳からの最安でも10万はします。

B 外気温が2度を切らない場合は冷房・暖房共使用可能です。冷房と暖房では対応する出力が違うのでどちらも畳数にあっている機種を選びましょう!

まずの基本としてはこの選択肢です。続いて各メーカーの特徴を紹介してゆきます。

ダイキン

言わずと知れた?知らない人もたまにはいる?😆メーカーですが、今では世界的なメーカーになりました。業務用の空調メーカーではあったのですが家庭用も最近ではかなりのアイテムを販売されています。長年の空調ノウハウは製品作りにもいかされサービスも良いです。アメリカ・中国のシェアも右肩上がりで只今絶好調ですね。ダイキンのエアコンでの特筆は筐体の頑丈さと信頼性です。筐体はガルバニュウムという住宅建材にも使われている素材を使っていて特に塩害が心配な海の近くや冬場に塩カルにさらされる場所は特におすすめです。エアコンの耐用年数は10年と言われていますがその頃には室外機は普通の鉄素材ではボロボロになっちゃうんですよねw電子基盤もちゃんとコーティングされていますし。機種で見てみると…

DXシリーズ(寒冷地仕様)

外気温が2度を切る状態で暖房として使いたい方用のエアコンで室外機に凍結防止帯のヒーターが入っています。メーカー曰くはマイナス15度でも使用できるとの事ですので日本のほぼ全ての地域で使用可能です。8畳から選べるのですが冷暖房機器全てに言える事で余裕を持ったワンサイズ上の対応畳数を選びましょう。なぜかと言うと最近の機器は節電機能が付いているものがほぼで設定の温度になれば自動で電気をセーブしてくれます(設定温度になるまでは最大出力で稼働しますのでその時間が短い方が電気代は安くなります💰)

Rシリーズ

ダイキンの中でハイエンド機になります。もちろん省エネ機能は抜群に良いですし、加湿をしてくれる他メーカーも含めて唯一の機種になります。一年を通して活躍してくれる事間違いなしです。

Aシリーズ

Rシリーズの1つ下のグレードですが加湿機能が付いてない以外は、ほぼほぼ同等の機種になります。若干値段が安めなので良い物を出来るだけ安くと言われる方はこちらですね!

ベーシック

安いと言ってもダイキンではあるので信頼性は変わりません。しかし残念な事にフィルター自動お掃除機能・センサー機能・リモコンで風の向きを左右に振れない等の便利機能が安い機種になるほど付いていない点はご注意ください。

あと全シリーズで空気清浄機についている機能のプラズマを使用した高速ストリーマーで花粉・PM2.5・ウイルス(医療機器では無いので声を大にしては言えないらしいですが効果はあるらしいです🤔

パナソニック

言わずと知れた大手メーカーの一つですが他の家電商品を紹介した折にふれましたセンサー機能が大変優れたメーカーであります。その機能はエアコンでも発揮されていて人感・温度・日射センサー(機種によります)が無駄なく働き気流をコントロールしてくれる。ソフトとハードが巧く連携して快適な空間を作ってくれるんですね。

寒冷地仕様のエアコンは他のメーカーと仕組みは変わらないのですが機種によっては室外機のコンプレッサーを暖める機能が付いている機種があるのですが低温時に優れた暖房能力を発揮してくれます。以前はハイエンド機種には全て付いていたのですが残念ながら現在は全てではありません。

日立

こちらも言わずと知れたメジャーメーカーでありますがこちらは節電技術が優れたメーカーであります。冷蔵庫・洗濯機等々僅かでは有りますが他メーカーよりも良いです。数値的な操作はしていないとは思いますが(笑)こちらのメーカーも寒冷地仕様は発売していますし機能的なところもグレード次第ですね。

三菱

霧ヶ峰の名称で昔から有名なメーカーですが人感・温度・日射センサーと送風口のフラップを3つに分割して独立可動させ気流を分けるといった機能を特徴としています。まーこの機能は日立や他社もやり始めていますし今では特に珍しい機能ではありませんが…

富士通

室内機のコンパクトさが売りのメーカーです。が、近年では他のメーカーも同じ様なサイズを発売しており目新しさをかきますが他社同スペックと比べて価格が安いこともあり分かっている人には人気のあるメーカーです。と言うのも室内機の熱交換器の性能が優れており実は、なかなか良いメーカーなのです。

追記ですが …

エアコンの安くなる時期!みなさん知らない方もいるかと思いますので。高機能の機種(寒冷地仕様・外気温がマイナスでも使用可能機種)は10月〜最安。その他の一般的な機種は3月辺りから最安になります。それというのもちょうど新機種が出る時期で1年で一番のお買得なタイミング!確かに新機種は性能が良くはなりますがエアコン自体はほぼほぼすでに完成されている物で、革新的な技術の進歩というのはまずまずありません。個人的には安く買うに越したことはない!と言う事でみなさん良い物をお得に買いましょ😊

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ